≪現在ブログ休止中≫  期限を定めずに、過去の記事の大半を非公開にさせて頂きました。
by jean-cocteau
カテゴリ
全体
雑記など日記について
MONOについて
美味しいものについて
お洒落について
旅行・お出掛けについて
ニュース、報道について
その他のメディアについて
映画、本のレビュー
ジャン・コクトーについて
*****
頑張れ、消しゴムはんこ道
未分類
my blog
以前のおしらせでも書きましたが、ブログの一部を独立して新たにスタート致しました。

ジャン・コクトーに関する記事のみを綴っていく
『HOTEL WELCOME』
興味のある方は限られてくると思いますが、個人的にはとても思い入れのあるブログです。かなり真面目な内容で雰囲気もこちらとは違いますので、気が向きましたらご覧頂けますと嬉しいです。

それから“女”をテーマにした新ブログ
『Femme!』
こちらもブログ内の女性に関する記事の改正したものをはじめ、これから色々な記事を追加していきますので宜しかったらご覧になって下さい。

ブログを整理した結果、3つに増えてしまいましたがどちらも宜しくお願い致します。勿論このメインブログも継続していきますので宜しくお願い致します。
以前の記事
2008年 08月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 04月
2006年 03月
その他のジャンル


<   2008年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

双頭

双頭のカメが捕獲されたというニュースがありました。こちら

滋賀県の保育園に双頭のカメ、生きて見つかるのはまれ
[ 2008年05月28日 09時48分 ]

e0030524_23442737.jpg 滋賀県守山市にあるひなぎく保育園で27日、2つの頭を持つミドリガメが撮影された。研究者らによると、双頭のカメが生きた状態で見つかるのは非常に珍しいという。

 また、双頭となった理由については、自然現象であり、汚染によるものではないとの見解を示した。



記事中には“まれ”と書いてあるけれど、実際に飼育されている例もあるしそこまで珍しいものでは無いと思うのですが……
e0030524_23471930.jpg
上記はスイスで飼育されて10年になるカメ、日本の大学でも飼育されています。
e0030524_23503997.jpg
ちなみにこれだけじゃなく、ペットショップでまれに販売されていることもありました。(専門誌に掲載されたショップの広告に載っていたのだ!)
e0030524_23551098.jpg
ところで、双頭の生き物って汚染の問題などでは無く、まれにいるようです。
更には今年の4月にインドで顔が二つある女児が誕生し、神の化身と喜ばれましたし、神話に出てくる“ヤヌス”という神もこういう姿です。
ちなみに1月の『January』の語源になった神様です。

ところでジャン・コクトーの名作にも『双頭の鷲』という、現在も美輪 明宏が舞台で演じているものがありますよね。
劇中以外でもこのモチーフは各所で用いられているものです。ちなみに“双頭の鷲”とは、
双頭の鷲(そうとうのわし、英語:double-headed eagle、ドイツ語:Doppeladler)とは、紋章の一つ。ヨーロッパの国家や、東ローマ帝国において使用され今日に至る。「双頭の鷲」自体は古来より存在する紋章で、トルコでは紀元前6000年の前のものが発見されている。

東ローマ帝国における「双頭」は、東洋と西洋の双方に対するローマ帝国の支配権を表す。その後ロシア帝国においても、東ローマ帝国の後継を自負し「西(ヨーロッパ)」と「東(アジア)」に渡る統治権を象徴するためにこの紋章を採用した。

現在では東ローマ帝国の紋章として伝えられているが、この紋章が採用されたのは帝国末期のパレオロゴス王朝時代。つまり、実際には東西の支配権を失っていった時代である。また、一説には元々はパレオロゴス家の家紋として使われていたものだとも言われている。ただし古代以来、鷲がローマの象徴であったことは確かである。

e0030524_23594257.jpg
現在の日本人が見たら「奇形」とか「環境汚染」を危惧してしまうのが一般的かも知れないけれど、結構自然はたまにふざけてこういう生き物を誕生させるのかもしれないし、下手な知識が無ければ2つの頭脳を持つ“神”として見えるのかも知れないよなと思う。
e0030524_055032.jpg
まあ、そんな存在もあるでしょう。うん。
[PR]
by jean-cocteau | 2008-05-29 00:07 | ニュース、報道について

『ラスト、コーション 色|戒』

e0030524_461962.jpg
ベッドシーンの過激さばかりが先行してしまった感のある『ラスト、コーション』ですが、実際に観た感想は、後からじわじわくる良さのある映画でした。

物語は1942年、日本占領下の上海。普通の大学生だったワンは抗日の演劇をサークルで上演したことをきっかけに抗日運動の気分を高め、中国を日本から守れという気分の高まりで演劇仲間と共に特務機関のリーダー、イーの暗殺計画を開始する。そのうちスパイごっこの様な行動から本当にスパイ活動に身を投じ、ワンイーを暗殺する為に接近する、偽りの誘惑だったにも関わらず二人は互いに惹かれてゆき、死と隣り合わせの日常の中でそれを忘れるかのように激しくお互いを求め合う。しかし着々と暗殺計画は実行に近付き、その実行の合図をある日ワンはスパイ仲間に送る……
e0030524_4224980.jpg
例えば『愛のコリーダ』が全てに背を向けてただ相手への愛に走る映画だとするならば、これはそれぞれが複雑な愛を持ち、恐らくは本人達もどうにも出来ない運命に翻弄される映画です。任務や祖国、お互い以外の愛する人、それが無ければ愛に走ったのかも知れないけれど……いや、走りたくて走ろうとして、虚無の中に行っちゃったんだろうな。

“惚れる”って凄いな、ネタばれになるから書かないけれど、お互いに最後は巨大な十字架を背負ってしまった。生きるにしろ死ぬにしろ、その十字架は重すぎる。

何にしても愛って覚悟がいる。その覚悟は生半可なものじゃあ、味わえない味もある。

久し振りの名画だったな、という作品でした。

『ラスト、コーション 色|戒』 ホームページ
[PR]
by jean-cocteau | 2008-05-24 03:03 | 映画、本のレビュー

モモちゃん

e0030524_732538.gife0030524_733111.gif
優れた児童文学は大人が読んでも面白いと思っています。その中でもひときわ好きな、松谷 みよ子さんのモモちゃんシリーズ。私が幼稚園生の頃に母親が購入し、取り分け好きで思い入れがあった為にずっと手元にあり、現在は娘が愛読している本です。

話しの面白さと、この人形を使ったキャラクターにとても惹かれ、この写真を見ているだけでも良かったくらい好きでした。
最初の『ちいさいモモちゃん』の現実と空想が混ざり合った様な子供の世界。
そしてモモちゃんが成長していくにしたがって、話しの雰囲気やテーマも成長していく。しかもその成長が子供の目から見ても実に等身大なのです。自分を投影しても見ることが出来ますし、一緒に成長してきた友人の様な話しでもあります。
e0030524_7332775.gife0030524_753135.gif
子供の頃、一番好きだったのは2作目の『モモちゃんとプー』やはり主人公のモモちゃんと同じ年頃ですから、その辺りの話しが一番好きだったわけです。
しかし大人の世界の事も比喩を用いてはいますが誤魔化すことはなく描かれているので、当時は意味の分からない部分もありました。
この本の中でモモちゃんのママは“かたほうの目から”だけ涙を流す部分があるのですが、漠然と事実として受け止める事しか出来ていませんでした。そして3作目の『モモちゃんとアカネちゃん』“森のおばあさん”の章に至っても。モモちゃんのママは「そだつ木」でもパパは「あるく木」そして「あるく木」の肩には、かがやく「やどり木」が乗っている。やはりそんな比喩は子供には理解出来ません。しかしその話しの後でママとパパは“さようなら”をすることに決める。パパは黙って反対の方へ、町の中へ歩いて行く。
話しの重さに気付いたのは、自分が「子供の考え方」をしなくなってからでした。
e0030524_8204059.gife0030524_8205761.gif
更に話しが進み、色々な物事を乗り越えて成長していく姿が描かれるのですが、どこをとっても“子供向けだから”と甘く考えている個所はありません。だからこそ立派に大人になった今も読める物語であり、更に娘も楽しめる物語なのです。
そして最初にこのシリーズが出版されてから30年以上経つそうですが、今でも出版され続けているのはこの話しの素晴らしさゆえにほかなりません。
鏡台の前で「かみちゃま かみちゃま……」とお願い事をする幼い姿から、自分が大人になって初めて気付く“大人の事情”まで、児童文学という形で描かれたこのモモちゃんシリーズ紛れもない素晴らしい物語だと思っています。

30周年記念の時に限定出版された、モモちゃんの『にんぎょうえほん』も持っているんですよ。勿論、今は娘の物になっていますが……

ずっとこれからも大好きな本であり続けると思っています。本当に素敵な物語です。

余談:10年程前、我が家でハムスターを飼っていたのですが、名前は“モモ”、
“プー”、“アカネ”と言いました。この話しへの思い入れが分かるエピソードです。

[PR]
by jean-cocteau | 2008-05-18 08:42 | 映画、本のレビュー

ペルセポリス

以前、記事にも書いたぺルセポリスを観てきました。
e0030524_2142026.jpg
思っていた以上にとても良い映画でした。何にでも言えることですが、人によって様々な感想があると思うので詳細な解説は極力避けているつもりなのですが……この映画を見て、私は政治や社会の背景がどうであれ、人の心、そして人の強さという普遍的なもの、またそれに対して共感する人は世界中にいるはずなんだという事を改めて感じました。
でも夜中に爆撃で目覚める様な生活、発言にも服装にも何の自由も無く、隣人の密告すら恐れて暮らすという凄いストレスの中での生活というのは全く私には分かりませんが、それでも人の生き方、成長する上での心の動き、その恋、その失恋、それでも自由を求め、そして自由の代償として失ったもの……とても興味深く、考えさせられる映画でした。
e0030524_331369.jpg
この主人公のお祖母ちゃん、本当にカッコいい女性だと思います。以前のレビューにも書いたけれど「公明正大」という言葉とそれを実行する強さが本当に素敵。
パンフレットにあるような「英知」と「毒舌」という印象ではなく、私から見たら「強さ」と「優しさ」に感じられました。こういう女性には憧れます。現実にモデルがいらっしゃるんですよね、素敵な女性だったんだろうなあ。
e0030524_2242852.jpge0030524_2252969.jpg
機会があったら是非観て下さい。私は本も読んでみようと思っています。
[PR]
by jean-cocteau | 2008-05-05 02:03 | 映画、本のレビュー